CCG(キャッシュ コレクション グローバリー)は詐欺?稼げない?

CCG(キャッシュ コレクション グローバリー)

ぷにです!

FXでは相場が結構荒れるときがあります

もちろん今年の1月にもフラッシュクラッシュと言って荒れたときもありました
そういう時に自動売買を使っていると被弾してしまうといったデメリットはどうしてもありますよね

人間は24時間を永延に続けることはできないですが、自動売買はそれが可能ですので
その分リスクを背負いやすいという側面はいがいに気づかれている方が少ないかなと思います
ですがそこさえクリアできれば利益を積み重ねてくれる装置に代わりますね

ですがFX界でも詐欺は往々にしてあるので気を付けていきたいですね

それでは今回の案件をご紹介いたします!

CCG(キャッシュ コレクション グローバリー

という案件です

 

なんでも15カ月黒字で年利30%を達成だとか?

本当ならいいですね!

 

PuniFx
PuniFx

今回の案件はお勧めできないよ

危険度はC

 

概要

 

インストールするだけで

パソコンが勝手に現金を収集!

15ヶ月連続黒字更新年利30%以上を記録

FX自動売買ソフト

販売サイト:https://fujitaccg.com/liget/?lid=2m&aid=2dpk

 

インストールするだけと書いてありますが実際はインストールする以外にすることは沢山あります

今回使用する証券会社はXMだそうです

日本ではかなり有名な証券会社ですね!
XM証券会社は海外でも有名ですが日本ではとくに有名な会社です

他のブログでは怪しいと言っていますがそれなら国内の証券会社でするしかないです💦
FXを知らない方が書いているブログを見ると・・・という感じになりますね。

海外証券会社と国内証券会社のデメリットやメリットはもちろん双方あります

それを踏まえてもXM証券会社は良いのかなと思いますが!
今回のツールは実績の公開がないため怪しいですね💦

 

PuniFx
PuniFx

実績の公開がないのは危ないね

 

特商法

 

提供業者株式会社バリューブレイン
所在地〒150-0041
東京都渋谷区神南1-8-18

 

会社は登記簿に登録がありました。
住所は賃貸のようですね。

高級賃貸マンションのようですが既に引っ越しをしているようです

年利30%をたたき出してくれるツールなら1000万でも2000万でも
入れておけばよいじゃないですか笑

ですが入れていないのでしょうね・・・
稼げな可能性が大いにあるからでしょうか?

そのあたりは不明ですが、引っ越しをしたということは一時的に見栄などで
このマンションを借りていた可能性が濃厚です

会社の電話番号などの記載がないので急務で電話したい時などは
掛けられません。

この点などを踏まえると、雲隠れする気が鼻からあった可能性も濃厚となってきますので
今回の案件は触らないほうが良いと思います

 

PuniFx
PuniFx

既に引っ越ししているね・・

儲かるツールなら引越しする必要ないよね?

お金

 

怪しい点・デメリット

 

 1点目 特商法の記載住所は既に引っ越し済み

 

既に引っ越ししていることが引っかかります。

登記簿には埼玉県蓮田市末広1丁目6番17号と記載がありますので

14万近くの賃貸から7万の賃貸へと引っ越していることが分かります
つまり、お金が厳しくなったので引っ越したということに他ならないと思います。

会社の電話番号なども特商法には記載する義務が存在するのですが記載をしていません

記載をしないということはその義務を放棄するということなので
私たちと契約をもし仮にしたとしてもそれを守っていただけるか?となると
懐疑的になってきてしまいます

特商法ってなに?って方はブログで紹介しておりますので
お時間があるときにご覧ください☞ 特商法記載とはいったい何?

 

PuniFx
PuniFx

信用がない人の案件は触れないよね

 

 2点目 実績の公開が全くない

 

最初の部分で年利30%と15カ月黒字ということをうたっていましたが

実績の公開が全くなかったです。
一枚も公開しないのは逆に不安ですよね?

FXや株をやっていない人でもこれだけ稼げるんだ!ということが分かれば
全然違うと思うのですが、実績の公開はしていないようです

実績の公開ができないということはツールを元々所持していない可能性や
FXをそもそも知らない可能性会があります。

まだ知っている方であるならデモ口座などを使って実績の公開などをしているのですが
今回はそれもしておりませんので、かなり怪しいですね

 

 3点目 藤田勇は検索しても出てこない

 

藤田勇というのが今回の仕掛人ですが検索をかけても出てくることは無かったです。
音楽家の方が出てきたのでおそらく、検索逃れをしているかなという印象を受けました。

検索逃れをすることによって自分の実績を出さないようにしたり
炎上した際に再度新しい案件などのときに偽名が使えるので、すげ替えが可能となります。

今回もその可能性が濃厚です

 

PuniFx
PuniFx

検索逃れの可能性が浮上中・・・

セミナー

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回のCCG(キャッシュ コレクション グローバリー)は実績の公開が全くない
という時点で参加を見送ったほうが良いと個人的には思います。

それ以外にもオファーの仕掛人である藤田勇という人間が検索しても過去の
実績などが全く出てこないということも考えると・・・

本当にこの方がツールを作ったのかも疑問となってきます。

そして15カ月黒字や年利30%という数字も実績がないので信用もないですし
特商法の住所は既に引っ越し済みなのも考えると、全くお勧めできない案件かなと思います

 

詐欺

タイトルとURLをコピーしました